宝少年野球部へようこそ

過去から現在までの宝少年野球部を、ぜひご覧下さい。


昭和39年(1964年)秋に誕生した【宝少年野球部】は平成26年(2014年)秋に創部50周年を迎えました!
 昭和39年といえば、東海道新幹線の開通、東京オリンピックの開催など、日本の高度成長時代を代表する出来事が数多くあった年です。

その年から半世紀、途切れることなく受け継がれてきた宝の伝統が今も続いています。

これからも【宝ナイン】を応援してください。よろしくお願いします。


歴史

写真

成績



近況報告

宝ナイン動画公開中!

 

スポ少春季大会と、学童大会のスライドショーです。

日々練習をがんばっている子ども達への、応援メッセージもお待ちしております!



山日YBS杯

宝少年野球部、惜しくも準優勝

県大会出場逃す…

山日YBS杯へ向けて、チーム一丸となり優勝をめざし練習をがんばってきました。決勝の対戦チームは、今までに何度も接戦を繰り広げた境サンボーイズ。序盤、宝が3点を入れるものの終盤で一気に逆転されてしまい、準優勝という結果で幕を閉じました。

6年生3人の最後の打席は、それぞれの”らしさ”が出るものでした。悪いところは少しでも良くなるように、良いところはさらに良くなるように、これからもがんばって欲しいと思います。勝利のために、走れ宝!


大健闘!

第36回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント、ベスト8!

5月28日・29日に行われた高円宮賜杯第36回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメントにて、【宝少年野球部】がベスト8という結果を残すことができました。これも日頃から頂く皆様の応援のおかげです。本当にありがとうございます。

ベスト4をかけた試合では、【玉幡】に10-1で敗れてしまいましたが、これからも勝利に向けて走り続ける【宝】を宜しくお願い致します!


宝少年野球部、15年ぶり

第36回全日本学童軟式少年野球大会    県大会出場!

5月7日 対境サンボーイズ

学童の初戦の相手は境サンボーイズ、宝少年野球部は後攻。

5月の炎天下の中、指導陣や保護者の皆さん、そして子ども達が一丸となって戦い、準決勝への切符を手に入れました。

5月8日対禾生、そして決勝戦へ

準決勝の相手は禾生。掴んだ流れを離す事無く、宝が決勝進出、同時に県大会出場を決めました。

決勝戦の相手は東桂。迫力あるプレーで攻められ、健闘むなしく完敗という形で決勝戦を終えました。



郡内大会開会式の様子をお届けします

 

元気よく行進する子ども達。こころなしか、他のチームよりも少し

声のトーンが高く聞こえ、微笑ましい光景です。

選手入場のトリを飾る、立派な行進を見せてくれました!

 



0 コメント

スポ少春季大会結果、ならびに郡内大会出場について

郡内大会抽選会

宝少年野球部が、5年ぶりに郡内大会へ出場する事になり、上野原もみじホールにて執り行われた抽選会に参加してまいりました。

宝少年野球部はDブロック、初戦の相手は大月SNSに決まりました。

新チームになってから、西桂で行われた招待試合で一度戦ったことのあるチームです。お互いがお互いの成長を感じられる、良い試合になる事を期待します。

霧雨の練習試合

4月24日、大月クラブさんとの練習試合がありました。

霧雨の降る中、4月とは思えない寒さで行われた練習試合。両チームの子ども達の動きも硬く、なかなか普段通りの実力を発揮する事ができませんでしたが、一人ひとり得るものの多い試合となりました。

スポ少春季大会

4月16日に行われたスポ少春季大会決勝戦の結果をお伝えします。

谷一との決戦、先制点は宝。1回裏で2人がホームに帰ってきた。2回表ではスムーズな投球で0点に押さえるも、3回表2点を返され、同点。2回・3回裏でも宝は得点を入れられず、続いて4回表、足を使った谷一野球のスチールで満塁となった所で4点を追加される。

その後も宝にとって苦しい展開が続き、2-9、準優勝という結果で決勝戦を終えた。